簡単にできるキッチンの掃除と節水

シンクについた水垢の掃除方法

ステンレスのシンクは新品はとてもピカピカしていて綺麗ですが、水垢や、石鹸カスがどうしても残ってきて見栄えが良くありません。

そして毎日シンクは使うものですので、気を抜いたらすぐ汚くなって、汚れを取るのに苦労することになってしまいます。

なので簡単にできる、シンクの水垢や石鹸カスを取る方法をご紹介します。

まず水垢の原因ですが、これは水の成分に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルです。
このミネラルは普通にごしごし、たわしでこすっても落ちません。

このミネラルを落とすのは酸です。酸といいますと皆さんのキッチンには必ずある「酢」で良いのでしょうか?
はい、酢で十分です。
酢をふりかけ水垢のひどいところに当てておきましょう。この際、ラップやキッチンペーパーをかけておくと効果的です。
そして30分置いてから磨くとすっきり水垢が落ちます!

では石鹸カスはどうしたらよいでしょうか?
石鹸カスの汚れは実は酸性の汚れですのでアルカリ性の物質が効果的です。
そこで、安全に使える「重曹」を用いましょう。

重曹はアルカリ性ですし、スクラブのような効果もありますので重曹を振りかけて、こすれば綺麗に石鹸カスが取れます。

このように酢と重曹という料理にも使っている二つを使ってシンクをぴかぴかに保ちましょう。

台所のぬめり取りと簡単予防法

どんなに気を付けていても水回りというものは自然と汚れが溜まってしまうものです。
特に台所の三角コーナーや排水口は気が付けばぬめりがついて非常に不衛生になってしまいます。

今日はそんなぬめりを綺麗にしてしまう簡単な方法を紹介していきたいと思います。

まず最初に用意するのは「重曹」です。
ぬめりのついた三角コーナーや排水口に重曹を撒いてやりましょう。
その後に熱いお湯をかけてやるとぬめりが一気に取れます。その後に使い古した歯ブラシなどで磨いてやればぬるぬるだった三角コーナーや排水口は簡単に綺麗になります。

しかし一度綺麗にしてもすぐにぬめりは再び発生してしまいます。
そもそもこのぬめりというものは細菌やバクテリアにその排泄物などが溜まったものです。

ならば彼らが繁殖しづらい環境にしてやれば自然とぬめりも発生しなくなります……そこで登場するのがどの家庭にもある「アルミホイル」です!
細菌やバクテリアは金属イオンが非常に苦手です。
ですから例えば丸めたアルミホイルなんかを排水口の中に放り込んでおいてやればそれだけでぬめりは発生しにくくなります。

三角コーナーも素材が純銅等の素材のものを選べば同様にぬめりの発生を抑えることが出来ます。

以上のようにぬめりは簡単に掃除できますしその発生も抑えることが出来ます。
水回りは不衛生な状態で放って置かず清潔な状態を保つようにしましょう。

台所での節水方法

さて、皆さんは節約というと何を思い浮かべるでしょうか?
やはり一番に光熱費を思い浮かべると思いますが、無駄に水を使って水道料金がかさむなんて事もよくあることです。

特に台所での水の利用は不必要に多く使っている事が多いです。
今日はそんな台所での節水方法をいくつか紹介したいと思います。

さて節水するには当然水を無駄に使わないことが大切です。
しかしいくら気を付けていても人間である以上は使いすぎことは必ずあります。
ですので根本的に節水が出来るように、道具を利用するのが一番簡単です。

例えば台所の水道の蛇口には「節水泡沫器」を取り付けましょう。
これは蛇口からでる水に空気を含ませることで水の跳び散りを防止することが出来る道具です。
これを取り付けるだけで洗い物の際になんと50%もの水の使用の節約ができます。

そしてこれに関連して紹介するのが「溜め洗い用の桶」です。
いくら節水泡沫器を付けていても、じゃぶじゃぶ水を流しながらの洗い物では節水になりません。
桶に水と洗剤を入れて食器をつけておく溜め洗いをすることで、無駄な水を使わずに洗い物が出来ます。

そして最後に「食洗機」を導入するのも大きな節水が出来る方法です。
勘違いされがちですが食洗機は水を大量に消費せず最低限の水量で洗浄を行ってくれます。
洗い物の手間も省けるので一石二鳥の代物なのです。

以上のように道具を利用する事で節水は簡単に行えます。

無理なくできる節水を始めましょう。

このページの先頭へ