水栓の様々な種類

水栓の特徴と適した取り付け場所

お湯や水が出る水栓には色々な種類があります。
それぞれの特徴を分かりやすくピックアップし、どんな場所にどの水栓を使うのが適しているのかをご紹介します。

単水栓

お湯の必要がなく、水だけ出ればいいという場所に使われます。
上部にあるハンドルを左に回すと水が出ます。右に回すとハンドルが下がって閉まり、水が止まります。
使われる場所としては、庭の屋外水栓や洗濯機の設置場所などです。

ツーハンドル(バルブ)混合水栓

基本的な仕組みは単水栓と同じです。
お湯と水を出す2つのハンドルがあり、それぞれのハンドルのひねり具合で流量と温度を調節します。
台所や洗面台、お風呂に使われますが、最近はこれから紹介する以下の水栓を使うことが多いでしょう。

シングルレバー混合水栓

一本のハンドルを操作することで流量と温度を調節します。
ハンドルの左右に振ることで温度調整をし、上下に振ることで吐水量を調整します。
片手で温度と流量の調整ができるので台所などによく使われます。

ハンドシャワー付混合水栓

シングルレバー混合水栓の蛇口の先にハンドシャワーが付いたものです。
シンクや洗面台を流しやすくお手入れがしやすいのが特徴です。

サーモスタット混合水栓

お風呂に使われるのに適した水栓です。
水栓の左右のどちらかにある温度調整ハンドルで調整します。
お湯が急に熱くなったり冷たくなったりすることがなく、安定した温度と流量でお湯を出します。
そのため、お風呂に使われる水栓としてもっとも適していると言えるでしょう。

このように見てみると様々な水栓が使われていることがわかりますね。
水栓のリフォームや交換の際は、ぜひ参考にしてください。

浄水機能・タッチレス 最新の水栓とは

人が日常生活を行うときに必ず必要となってくるものが水ですが、水を出す”水栓”も無くてはならないものとなっています。

最近では、「浄水機能付きの水栓」、「タッチレスの水栓」が販売されるようになりました。
そんな最新の水栓はなにが良いのでしょうか?

まず浄水機能付きの水栓ですが、その名の通り浄水機能が付いています。
今までは浄水を行う際には、別途大きい浄水器を用意するという流れでした。

しかしこの浄水機能付きの水栓は浄水器のスペースを使わず水栓の設置のみで浄水が飲めるという物なので、他にスペースを確保する必要がありません。

特徴はノズルの中に専用のフィルターカートリッジを使うことで、コンパクトながらカートリッジで浄水機能を備えているというものです。

そしてタッチレスタイプの水栓は、これも名の通りでセンサーに手をかざすだけで止水、吐水が行えるという物です。
料理中に水を出したりノズルに直接触れることによる衛生面の問題でも気を遣うこともなく使用することができますし、お手入れも簡単なので非常に便利な水栓となっていますね。

水栓の寿命と交換時の注意点

水栓には昔ながらのハンドルをひねるタイプ、レバーを押し下げるタイプなど、いろいろなタイプがありますが、どのタイプも交換時期は10年ほどとされています。

実際には、構造が単純な物ほど壊れにくく、複雑な物ほど壊れやすいという傾向があります。
単純なタイプは修理を重ねることで20年以上も使える場合もありますが、基本的にはこの10年という目安を超えたら交換について考え始めた方が良いでしょう。

水栓を交換することになった場合、せっかくなら今までと同じ物ではなく、違う物に変えたいと考える方も多いでしょう。
しかし、デザインや機能だけを見て選んでしまうと、交換箇所に取り付けられないという問題が起きることがあります。

たとえば、同じように台に取り付けられているタイプでも、水栓の根元が細く、穴(配管)が一つしか無い「ワンホール」と、水栓の根元が広がっていて、お湯と水の穴が二つある「ツーホール」は別物です。
ワンホールの水栓をツーホールの物と交換したり、その逆を行うことはできません。

また、壁に付いているタイプの場合、古い水栓とサイズやデザインが大きく違う物を選んでしまうと使い勝手が悪くなることがあります。

そうならないために、事前にサイズを測り、交換した後の使い勝手がどうなるかということをイメージしておきましょう。

このページの先頭へ