水道の仕組み

家庭への水道供給・排水の仕組み

どの家庭でも蛇口をひねれば簡単に綺麗な水が出てきます。
ではどうやってこんなに簡単に水が出てくるのでしょうか?

蛇口の先の配水管で繋がっている配水元のポンプが、どんどんと沢山の家庭に水を送り届けてくれます。
このポンプが大きな圧力をかけて水を送り出していますので、水道管全体にはかなりの圧力がかかっています。

ですから、その配水先の蛇口を緩めると一気に水が外へ外へ出ようとして、水がここから出てくるのです。

それだけ高い水圧がかかっているこの水道管ですが、それに対応できるだけの強度があります。
たまにニュースで聞くこともあると思いますが、古い水道管にヒビが入ったりするとそこから勢いよく水が噴き出していますよね。

実際に家庭に届いた時には水圧も小さくなっているのですが、蛇口でひねって水が出てくる丁度いい程度になっています。

そして、家庭で使った水はそのまま外へ出て行きます。
排水管という、排水専用のルートを通って出て行きます。

排水は一度「排水マス」という場所に集まっていき、そこから「下水管」へと流れていくのです。
この排出された水は下水管を通って、各自治体の「下水処理場」へ集められます。

この水は綺麗に処理され、浄水されたものはまた自然に戻っていくのです。

家庭などの排水管の役割

皆さんの家庭などの建物にはどこにでも水道が通っています。
それぞれの蛇口をひねる事で配水管から水が出てきます。

そしてそれと同時に排水することになるわけですが、ここで大事なのは「排水管」です。

利用済みの水は排水管を通って家の外へ出されていきます。
「汚水マス」という一旦排水がたまるような設備がどこにでも備えられているのですが、種類としては各家庭の汚水マス(用途によって複数あります)と公共マス(複数の汚水マスから出てきた水が最終的に集まるマス)が設置されています。

家庭ではこういった排水処理がなされて、公共の下水管へと排出されていきます。

排水管も複雑で役割の大きなものですから、配水管と同じくらい重要なものなんですね。

しかし長く使っているとトラブルが起きることも考えられます。
排水管が劣化してたわんでしまい機能しなくなることも考えられます。

排水管というものはもちろん地中にある物ですし、普通に使っていても外的な影響で故障することもあるかもしれません。極端な例でいえば地盤沈下ですね。

そこまではいかなくとも排水管の凍結ということであれば地域によっては起こりがちです。

排水設備も揃ってこその水道ですから、非常に大切な役割があるのですね。

水道料金を節約するポイント

水道水は家庭内で様々な用途に使われており、無くてはならないものです。

非常に大事で必要なものですが、使い方に気を付ければ節約出来る余地もあります。

まずたくさんの水道水を使う場所といえばお風呂ですね。
シャワーを出しっ放しにせず、こまめに止めることが1番ですが、「節水できるシャワーヘッド」という優れものの商品も販売されているので、試してみるのもおすすめです。

また、使い終わった浴槽のお湯は洗濯に再利用できます。
一度使った水は使えないように思えますが、洗剤に使われている「界面活性剤」という成分は十分に汚れを弾きますから残り湯でもしっかり洗えます。
抵抗感が無ければ、かなりの節約ポイントになります。

トイレではレバーの大・小を使い分けることが重要です。
大で約8L、小で約6L流れるので、使い分けることで大幅に水道の節約ができます。

トイレタンクにペットボトルを入れて水かさを増やす方法もご存知かと思いますが、実はあの方法はおすすめできません。

タンク内には様々な部品が入っているので、地震などでペットボトルが揺れて部品を傷つけたり故障させたりする恐れがあるためです。

無理なく正しい方法で節約するようにしましょう。

このような節約ポイントを少しでも増やしていくと、長い目で見ると大きな水道水節約に繋がります。
一度試してみてはいかがでしょう?

このページの先頭へ